それってどうなのよ

国内外問わずあるタイトルの界隈で見かけたことで「えーそれってどうなの?アリなの?」と目を疑ったこと。

「最もリアルな○○ 2018」「The most realistic XXX 2018」というYoutubeの投稿を今年に入って数多く見かけるんですよね。動画タイトルで敢えてゲームタイトルを書かずに「リアルな」という点を強調するという。個人的にすげー嫌いです。こういう手法やこういう招き入れ方。

もちろん、動画の説明欄にはどのタイトルを使ってるって書いてるんですけど、なんか腑に落ちないし、僕はそれらの動画を見てそのタイトルをやろうと思わないな。もちろん、一番最初のとっかかりで小難しいこと抜きで買ってもらえたらいいな、と製作されてるんだとは思います。ただ、個人的に一番最初に思ったことは「マルチ商法か宗教の勧誘っぽい」ってこと。

本当にそのタイトルをプレイして欲しいなら、ちゃんとタイトル欄に書こうぜ。せっかく世界で一番プレイされているシミュレーターの一つなのに、すごい残念な感覚。そういうことしないとプレイヤーが増えないのかい?と思いました。

この記事ではあえて表現をオブラートに包まずに書きました。不愉快に思った方もいらっしゃると思います。ただ、僕はそう思ったんで、それを記しておきたかった。別に他意はありません。

この記事をSNSでシェア:

つテ(tsute2)

当サイト管理者。2005年から2017年までRBR関係の記事・ページを執筆していました。2018年以降はRBR以外のことを書いていこうと思います。