当サイトに関するアンケートの結果

前回のアンケート記事に引き続き、RBRアンケートの結果を見ていきましょう。今回は当サイトのことと、SNS、2chなどのWeb関連の項目の結果になります。

Web関係


長らくお待たせしました。筆者の管理する当サイトについてのアンケートの結果をみていきましょう。こちらのアンケートには27名の方がお答え頂きました。誠にありがとうございます。

また、このアンケートにはWebだけでなく、SNSや2chについての項目もあり、3つの中では最も項目が多岐に渡るアンケートでもありましたので、いくつかの項に分けて検証したいと思います。

tsute2’s game logsについて:来訪が10回未満の方の結果


まず、アンケートにお答えくださった方の中に、このサイトに初めて来た方はいらっしゃらず、全員の方が2回め以上とのことでした。

16回以上の方が半数ということで、ありがたい限り。次いで2回目から10回という比較的来訪回数少なめの方が続きました。

それでは、訪問が2回~10回の方の結果をみていきます。最初に、ご来訪のきっかけについて。

RBRのトラブルシューティングというRBRをプレイするうえで躓いた項目に次いで、RBRについての販売・レビューというRBRを購入する前にチェックするであろう記事を求めて来訪される方というある種相反する項目が上位を占めました。もちろん、購入後にレビューサイトなどを見ることはありますけどね。

来訪方法について。


当サイトで一番訪れるコンテンツ。

これはRBR Tipsがダントツ。次いでブログ記事となりました。

当サイト管理人についての認識。

結構知っている、なんとなく知っているという認識の方が多かったですね。

当サイトでいいと思われた点。


当サイトでイマイチだと思われた点。


「RBRに関する情報にたどり着きやすい」と感じる方が多いのは安心しました。

この先の当サイトの管理についても「今のままで良い」が多かったのは、ありがたいです。更新ペースや保守のペースはそうそう崩しようがないですから。確か1年から数年前のポストでしたか、「更新ペースは落ちるかも」的なことも書いていますので、それを皆さまが理解してくださっているのはありがたいです。

一方で「説明が分かりにくい」という回答の方も。折を見て、画像等を使用しての説明に出来るものはしていくのもアリかもしれませんね。

tsute2’s game logsについて:来訪が10回以上の方の結果


それでは、当サイトに何度も来訪してくださっている方の結果をみていきましょう。

当サイトで良いと思われた点。


当サイトでイマイチだと思われた点。

当サイトを以前からご存じの方からは「リンク切れが多い」の回答が多かったです。これは、ある程度初版から年数がたった過去のブログ記事のものを指していると思われます。初来訪の方も最初は過去の記事へのヒットが多いですし、一方でRBR Tipsは筆者がURLのアクティベートチェックをしています。

過去のブログ記事に関しても、以前にデッドリンクチェッカーを使って調べたんですが、ほぼ全ての元のサイトだけでなく移転先がないんですよね。BHMSへのリンクが中心というのもあって。気が向いたら修正するかもしれませんが、過去記事には自動的に「リンク切れが含まれます」という趣旨の文章も出るので、ある程度ご容赦頂ければと思います。ぶっちゃけ、記事数が圧倒的に多いので、面倒というのもありますw

今後の当サイトの指針について。


当サイトへの来訪方法について。

意外だったのが、複数回当サイトにいらっしゃっている方も、検索エンジンからの方が多いことです。Chrominium系ブラウザでの来訪者が最多ですので、なるほどそういうことか、と感じました。

この半年間で一番多く訪れたコンテンツについて。


管理者についての認識。


あと、RBRのコミュニティがないのがイマイチという選択も多かったです。

筆者の考えとしては、2017年現在、SNSや様々な方のブログもあるので、そこまで必要ないかなと感じています。しかし、これはあくまで10数年プレイしたなかで、初期のRBRnetを使った対戦、2010年頃までやっていたRBR配信(プレイしながら雑談してインターネットでの画面配信)を通して親しい仲間も出来た筆者の、RBRをはじめゲームに対するモチベーションから感じることでもあります。あと、日本のゲームコミュニティ特有の「流動的」な雰囲気もなんだかんだ好きなんですね。一つのタイトルを追いかけるのではなく、面白そうなゲームが出たらプレイしていくという。

ここ数年でRBRを始めた方からすれば、コミュニティがあったほうが良いだろうな、とも感じます。それこそ筆者自身がそれで交流を深められたように。2017年現在、NGP作者のWorkerBeeさんやClassic Cup主催のCatさんがおられるドイツのRBRコミュニティ最大手GVRCは、おそらく世界最大のコミュニティかと思います。筆者自身がそういう場を作ることはもうないとは思いますが、そのあたりは他のRBRプレイヤーの方に委ねましょう。

筆者自身、不定期ではありますが、これからもTwitchで配信したり、Youtubeに動画を上げたり、気が向いた時に何らかの形でアウトプットをしていこうと思います。

Webの共同編集者・共同管理者について


何度も当サイトに来訪された方対象に、共同編集者・共同管理者についての項目も設けました。こちらは「おーおー、なるほどー!」と面白い分布になっていました。


実は、筆者がずっと考えていることでもあるのが、当サイトの共同管理です。こちらの項目の結果をみても、基本的に筆者のみで管理することが望ましいという結果が多くを占めましたし、普通に考えたらそうだよね、と思います。一方で、思いのほかそれについて賛成のご意見も頂き、ありがたく思っています。

共同管理者については、2016年に執筆した「RBR関連記事の今後について」で少し触れていますが、筆者の生活ペースに当サイトを管理する時間が著しく少なくなった場合の手立てとしたいと思っています。

RBR関連記事のアーカイブのこれからについて。



RBR Tipsページも、一時期Wiki形式にしようかとも思いましたが、RBR関連のWikiは放置状態のものも含めて既に乱立していますし、当サイトのサーバーがWikiと相性が良くないみたいなのでやめておきました。それに、2017年6月現在の筆者の意向としては、放置するのではなく、できるだけ長くアクティブな状態で管理したいのが本音です。

SNSについて



SNSをやっておられる方が大多数。10年前には考えられなかった割合です。

SNSチェックの頻度。


SNSの主な用途。


必要ないと思うSNS。

必要ないと感じるSNSの結果は興味深かったです。モータースポーツをはじめ車が好きな方が多いレースシム界隈ですが、みんカラの得票数が2番目に多かったんですね。筆者が思うに、10年前から変わらないUIの使いにくさと、わざわざみんカラでなくてもTwitterである程度補えるというのが理由かも知れません。

ご自身のブログorサイトはお持ちですか?という質問。


ご自身のブログorサイトの最終更新日。

SNSをやっておられて、サイトorブログを持っておられる方は、半年以内に更新されている方が多いんですね。現在、他のタイトルをメインにプレイされている方などは、鯖立て案内やそのタイトルのTipsなんかも当てはまるのかも。サイトやブログというのは、活用の仕方がまたSNSとは違っていて、それがまた楽しいですよね。

匿名掲示板について


最後の質問にあった2chについて。匿名でコミュニケーション出来る場についても、長年気になっていたことの一つでした。

匿名掲示板へのアクセス方法について。


2013年から2017年の比較的最近、RBRの情報を得るために匿名掲示板を利用したかどうか。


このあたりをみると、なんとなくチェックしてるよという方が多めですかね。

今後、レースシム界隈で匿名掲示板はどうなっていくか。


今後、匿名掲示板全体はどうなっていくか。


匿名のやり取りについてどう思っているか。


こちらも、興味深い分布でした。総合すると、匿名で発言できる場は「あったほうがいい」。筆者もこれは同意見です。昔ほど暗黙のルールはなくなってきているのか、10年ほど前に見かけたある種独特な風習は影を潜めつつあると感じています。ということは、新規の人も書き込みやすくなっているのかも知れません。ですので、何か疑問に感じたら気兼ねなく書き込めるといった感じでしょうか。

少し前の項のこの先にの行く末についても、多数派意見の方々と同意見です。なんだかんだ続くでしょうね。

正直に申しますと、何年か前までは匿名掲示板は大嫌いでした。見るのも開くのも嫌なくらい。一時期流行った独特な言い回しも。でも、自分である程度フィルタリング出来るようになってからは「まあこういう場はあってもいいよね」と思えるようになって、Twitter等とは別にこういう場はあって然りかなぁって思ってます。

まとめ


長らくにわたってRBRのアンケート結果をみていきました。改めて、お時間を割いてお答えいただいた方に心より感謝申し上げます。

今後、RBRに大きな動きがあった際もまたこのようなアンケートをするかも知れないですが、2017年6月現在、NGP登場からある程度動きも落ち着き、それぞれの皆さんがRBRとどのように接しているのか、そして、このサイトはどういった使われ方をしているのかが、筆者の思っていた以上に明確になりました。これも、アンケートに実際にお答え頂いた皆さまのおかげです。

筆者にとってRBRというのは、出会って人生が変わったくらいの意味合いを持つタイトルです。このタイトルそのものの質も要因の一つですが、それ以上に、RBRを通じて色んな方と交流を持つことが出来ましたし、筆者がオンラインでレースをするきっかけになったタイトルでもあり、オンラインレース特有のドキドキ感を含む処女航海をともにしたタイトルでもあります。それを始めた10年以上前から今も変わらず親しくしてくださっている方もいらっしゃるというのは、大げさでもなんでもなく、筆者の人生においてとても大切な意味を持っています。

たかがゲーム、されどゲーム。たかがネット、されどネット。実際にお会いしたことのある方も、そうでない方も、筆者と良い関わりを持ってくださっている方がいらっしゃる以上、このサイトも筆者も、その時々に適した形で続いていくでしょう。

ただ、RBRだけに固執するつもりもありません。X-PlaneやFSX、GTA5なんかをはじめ、他のゲームもやっぱり楽しい。筆者の場合、今のところ戻ってくる場所の一つがRBRなんですね。「あーこれこれ」って。時を経て、それぞれの方の関わり方が変わっていくのは当然のこと。筆者のゲームに対するスタンスが大きく変わらない限り、これからも帰る場所であると思います。このサイトも然り。

何はともあれ、これからもそれぞれのプレイヤーの方が、RBRやお気に入りのゲームと良い時間を過ごされることを願っています。

つテ(tsute2)

つテ(tsute2)

主にRichard Burns Rally関連の記事を書いています。2012年以降はオンラインプラグインのRBR Tournamentsの記事が中心となります。