[RBR]初めてor久々にRBRをやる時にやっておくとラクなこと

【2016-10-11 初版】
【2017-01-20 一部修正】


はじめに


発売から随分と時間が経ち、ついに販売手段がなくなってしまったRichard Burns Rallyですが、当サイトにはRBRの情報を求めてやってこられる方は多くいらっしゃいます。いつもありがとうございます。まとめがてら、2016年現在、プレイする前にやっておくとラクなことを簡単に書いておきます。

インストール後にやっておきたいこと


DVDあるいはCD-ROMをISO化しておく(高推奨)


以前RBRのメディアを購入された方は、ISO化し、そのファイルをバックアップしておくことをおすすめします。だってもう売ってないんだもんw それに、次にインストールする際、わざわざメディアそのものを探す手間が省けますので便利ですし、万が一メディアが読み込めなくなっても大丈夫。

1.02Patchをあてる(必須)


オフィシャルの最後のパッチです。バニラ状態でもアドオンを入れるにしても必須。これがないと始まりません。
Patches and Fixes: Richard Burns Rally v1.01 Patch
Patches and Fixes: Richard Burns Rally v1.02 Patch
1.02だけでも問題ないはずですが、一応1.01のリンクも置いておきます。

Zfixをダウンロードし、インストール(アドオンカー使用の際は必須)


PC版をこれからプレイされる方は、アドオンカーを走らせる目的の方も多いでしょうし、解凍して出来た z.dll をPluginsフォルダに放り込むだけなのでやっておいて損はないです。
RBR Tournamentsのサイトに置いてあります。

1.02PatchをあてたRBRフォルダのコピーを多く作っておく(高推奨)


筆者が一番といっていいほどやっておいてよかったと思うことがこれ。レジストリへの登録事項が少ないRBRは、コピーを作っても問題なく動作します。一時期、筆者は多くのオンラインプラグインを導入していたのもあって、元の環境に戻すのにこれでだいぶ助かりました。何かトラブルがあってもどこかにバニラさえあれば大丈夫。

それに、プレイしなくなった後にわざわざメディアからインストールする必要がなくなります。バニラ状態だと2GBほどの容量ですので、バックアップ用HDDなどに放り込んでおいてもそれほど容量を圧迫しません。そして、上記でも触れている通り、公式にRBRを手に入れるのはもう不可能ですので、インストールする際に仮にメディアから読み込めなくなっても、コピーを作っておけばあらぬ悲しみを感じる必要がありませんw

アドオンカーに乗りたい方はz.dll入りのRBRもバックアップしておくといいでしょう。

RBR Tournamentsサイトから追加トラックをダウンロードする


各プレイヤーの目的にもよりますが、2016年現在のアドオントラックはデフォルトSS数を遥かに凌ぐ数がリリースされています。RBR Tournaments用でもアドオントラックだけで約140トラックあります。デフォルトトラックも勿論楽しいですが、2012年以降にリリースされたトラックはテクスチャも凝ったものが多いです。実際に走行する際にはRBR Tournamentsプラグインの導入が必要ですが、ダウンロードのみであればRBR Tournamentsからは登録も必要なくダウンロードできますので、お時間がある時にでもトライしてみてはいかがでしょうか。

RBR Tournamentsのフォーラム内にトラックバックを幾つかに分割したURLもあります。

まとめ


Twitterのタイムラインを見ていると、2年に1度ほど「RBRもっかいプレイするかー」的なツイートをお見かけします。その都度イチからインストールするのは手間だろうってことで、当記事を書きました。上記の中の最終項は別として、残りの項目は強く推奨します。再インストールする際に通るしかなかった道を何個かショートカット出来るのは大きいです。

いずれにせよ、初めてあるいは久々にRBRをプレイされる方のガイドになれば幸いです。

つテ(tsute2)

つテ(tsute2)

主にRichard Burns Rally関連の記事を書いています。2012年以降はオンラインプラグインのRBR Tournamentsの記事が中心となります。