嗚呼勘違い勘違い。

いつぞやのCSI Rallyの記事で
>ちなみにWRカー・グループAカーは、JRC・PRCいずれかで1位、2位をマークすれば乗れるとか。

とか書きましたが、よくよく読んでみると、

>Drivers will be choosed according to results in competitive examinationsthe two fastest drivers will have a seat in factory team.


あ゛。
つまりは”Competitive examinations”での上位2名だったか。

で、”Competitive examinations”はいつあるんだっけ?


・・・・。



もうオワットル/(^o^)\

こないだのあれかー。
嗚呼勘違い。
黒太字の部分しか見てなかったよハッハッハorz

まあそんなこんなで目標は目指せシリーズクラス優勝に切り替え。
言うのはタダだからねw



さて、RBRTにエントリーし始めて、それまでと色々と変わった点があります。

・自信のあるコースは、なるべく直線的にラインを結ぶこと。
・滑らせるところは滑らせて、ラインキープするところはきちんと乗せる。
・無理をしない

大まかに言うとこの3点。
特に最後の無理をしないってのは、ついつい忘れがち。
それぞれの車の乗り方が分かってくると、
つい欲張ってブレーキポイントを遅らせたり、オーバースピードで突っ込んだりする。

でも、8割方それでうまくいくことはありません。
コーナーの進入速度が速くなると言うことは、
それだけ脱出速度が遅くなることに繋がる。
また、コーナーをオーバーシュートする可能性も高くなる。
総じてタイムには繋がらないが殆どな気がします(あくまで自分の場合ですが)。

なので、ブランクが空いたりして、久々にトーナメントに参加する時は、
まずブレーキポイントを前めに持ってきてやる。
サーキットシムじゃないし、周りに気を遣う必要がないので
色んな事が試せます。

特に自分のよく使ってるS1600マシンはコーナー脱出の時の挙動が超シビア。
このクラスはFFの中でも特にピーキーです。
ノンターボでパワーもないので、ごまかしが効かないし、荷重移動がとっても重要。
そんなこんなで、WRカーとブレーキポイントがそんなに変わらない気がします。
気がするだけかも知れないけど。
しかし、うまくいくと脳汁出まくり。


ああ。



つまり何が言いたいかというと。









PoloかわいいよPolo
WS00620.jpg


おしまい。

つテ(tsute2)

つテ(tsute2)

主にRichard Burns Rally関連の記事を書いています。2012年以降はオンラインプラグインのRBR Tournamentsの記事が中心となります。