5

RBR Championship 2 Rd.5 Japan

前戦、前々戦とまさかのリタイアが続いたので、今回こそは、と闇で猛練習したJapan(笑)。
しかしやはり本番は緊張しました。
あの感覚と言うのはなかなかいいものでもあり、厄介なものでもあり^^;
でもやっぱり楽しかったです。

今回は何が何でも完走。
リーダーボードを見ながら、攻めるところは攻める、って感じに行こうと思ってました。
しかし。

SS1Sipirkakimでいきなり人身事故。
あちゃ~(>_<)約30秒のタイムロス。
なにやら波乱含みのスタートだ・・・。
めげるな、俺。ラリーは何が起こるかわからない。
そう自分に言い聞かせて次。

SS2Tanner。ツイスティなコース。なかなかリズムが掴みづらいところ。
やはりまだ本調子とは行かないものの、無難なタイムにまとめる。
ん~。色々と弄ってドライヴしやすいセットアップにはなったけど、まだリアがどっしりしすぎてる…。

そしてSS3Pirka Menoko。何ともテクニカルなコース。攻め甲斐もあり、罠も沢山ある。
攻めすぎて一度木にぶつかり、ボンネットから煙が出たものの、大きなミスはそれぐらいでベスト。
ここはMoyaさんが速い!後でリベンジすることを誓って次へ。

SS4Noker。ついにきてしまった。鬼門のロングステージ。
特に順走のこのコースは、いつも後半でバンプにひっかかり、どこまでも転がっている(笑)。
今回はさすがに気をつけていこう、と、慎重に。
あと、いつも後半部分でエンジンがいかれるので、トルク重視のドライビングを心がける…ものの、やはりラスト4キロ地点くらいから3気筒、2気筒(推定)になってどんどんパワーがなくなる^^;そして幾度となくコースオフ。
あと、Moyaさんがピケメンコの勢いのまま、おら~!とフライングしたのにウケて(ゴメンよ~^^;)フラフラしてた。
まあ、無難なタイムかな、と。

そしてレグ1終了。早速かくさんが暫定結果を出してくれた。
今回は激戦の様相。まだまだ気は抜けない。
と、ここで、レグ1途中から僕の左横にあって、

気になって気になってしょうがなかった、カントリーマァムを食う。
そうだ。コースオフしたのはこいつのせいだ、とばかりに、休憩中に半分くらいバクバクと食う。
まさかこのカントリーマァムが・・・



続くレグ2のスタートは、SS5のNoiker2。先ほどのロングステージの逆走。
やはりここも罠が多い。色々とサスセッティングを闇練で探ってバンプをひろわないようにもっていきたかったのだが、どうしても車高を上げると、ドライバビリティが犠牲になってしまうので、細心の注意を払っていくことに。
やはり残り4~5キロ地点でエンジンが…しかしこのステージ、自己ベストと殆ど同じタイムでベストタイム。好調な滑り出し。

SS6はこのラリー初の雨。Pirka Menoko。
お。僕のセットアップ、グラベルのほうがドライブしやすい…とか思って調子に乗って攻めてると、
またもや木に衝突。こえぇ。その後もスピンなど数回。生き残ってたのが不思議なくらいだ。
でも、雨ステージでいいフィーリングを得たのは心強かった。

続くSS7Tannerも雨。ツイスティ+雨と言う短いけど過酷な条件。
しかし先ほどの良い感じの感覚のままドライブでき、ベスト。
うしうし。
ここまできて、第1レグの迷走が嘘のよう。
はて、なんでだろう、と考えた結果、

カントリーマァム。

こいつが良い仕事をしてくれている(笑)。
1ステージ終わるごとに食う。1ステージ終わったらまた食う。
そして飲み物は緑茶と言うハチャメチャなセットアップ(笑)。
絶対こいつのおかげだ。
何しろ、第1レグはガマンしてたのだ。「レグ1終わるまで食べたらダメ」とか決めてたから余計に気になって集中できなかったw

いや~。

そして雨も上がったTanner2。
カントリーマァムパワーが絶好調になってきたヲレ。
もう誰にも止められないw
自己ベストより2秒落ちのベスト。
セカンドベストのHikageさんに9秒差を付け、爆走。

そして終わったら勿論カントリーマァムw
食いすぎてもうすぐなくなりそう^^;

そしてラストは最初のステージと同じSipirkakim。
実はここ、結構苦手。やはり今回もコースオフしまくり。
しかも途中からエンジンまで逝きやがる始末。
しかし今回は人をひかなかったので良かった良かった。
そしてカントリーマァムのラストを食らう。
自分へのご褒美。お疲れ様。
よし。

今回は全部完走だ~!(^^)
リアルタイム対戦に参加したみなさん、ホント長丁場、おつかれさまでした~!
やっぱ大勢で走るのは楽しいなぁ~。

そしてRBRの不具合でSS1を走れなかったHikageさんの補習にも同行させてもらい、
ここぞとばかりに全開走行w
まあ、そこらじゅうにぶつけまくったけど、ソルベルグなみに口を開けて走りました^^;
おつかれさま~♪
そして、レグ2途中からいらっしゃったTOMBO_JPNさんのオフライン・レギュにも同行することに。
好きだねぇ。

何しろ久々のRBRマルチだから、ここにきてめちゃめちゃ楽しくなってきたw
SS1から本気モード。同行走行や、ゆーてんのにw
そしてピケメンコでは攻めすぎてリタイア。
その後もオールオアナッシングなマクレー走りで北海道を劇走してきました。

そして、最後にMoyaさんも加わり、ピケメンコをみんなでリベンジ。
もう何も失うものはない。みんな全開宣言。勿論僕も。
最初から好調。そして後半部分のロングコーナーで見切り間違い。
あわやシューな大ピンチを迎え、ヒヤヒヤ。
しかしタイムロスを最小限に抑え、その後も全開アタック。

ふう・・・ふう・・・

これはでも負けたな・・・とタイムを見ると、おや?
どうやらMoyaさんも一度クルクル回った模様w
もう一回!もう一回!のコールもむなしく、かくさん、シャッターガシャンw
良いオトナが子どもに戻った瞬間でした。


その後はnK対決に。
みんな好きだねぇ。
もちろんモデナ。モデナ。モデナ。
コースはあまり走ったことのない、テクニカルコーナーが連続するコース。
予選は2番手!おぉ!良い滑り出しだ。
そして意気込んで迎えた本番。
2コーナーで大スピン
終わった・・・俺のレースはもう終わった・・・しかし!
先ほどのカントリーマァムパワーが残っていたヲレは、逆転を目指し、果敢にコースを攻める。
前を走る人たちに「すべれ~すべれ~」と強い怨念を送りながらw
そして怨念に引っ掛かった人がまず1名。トンボさん。
全開モードで走ってたらグラベルと遊んでるのが見えたw
うひょ~、もうけ~♪とか思いつつ追い越していく。
再び孤独な戦い。
しかしラスト2週あたりでかくさん発見!
ぬを~~!と鬼気迫る走り(ヲレの中で)で追い上げる。
しかしタイム的に見てもかくさん、なんでこんなとこにいるんだろ~、と思ったら、
かくさんもスピンしたらしいw
呪いは確実に効いていた
ただ一人Moyaさんは、ずりずりと滑らせながら走っていたので呪われてなしw
いやぁnKも楽しいなぁ。
またまた是非やりましょ~。
みなさん、今日はおつかれさまでした~(^^)
あ、ウワサのピケメンコ自己ベストリプ。
ピケメン 4.50
こんなタイム、もう二度と出せないかも知れん(笑)。

つテ(tsute2)

つテ(tsute2)

主にRichard Burns Rally関連の記事を書いています。2012年以降はオンラインプラグインのRBR Tournamentsの記事が中心となります。

  • つてツテ

    おつでした~(^^)
    ホスト&主催もありがとです!
    GTR?ターマック?知らねぇなぁw
    (実はターマックステージ猛練習中だったりする)
    ラスト1戦もよろしゅう☆

  • y-kaku

    乙でした~。
    連日のGTRでの闇レッキが効いて完走することができました(ぉ
    最終戦もよろしくね(^^

  • つてツテ

    呑んでたのか~(笑)
    オフレギュ、おっけ~だす♪その後nKね(アホ

  • RBR Championship2 ジャパンラリーの反省。

    RBR Championship2 も佳境に入りました。第5戦はおそらく全ての参加者の地元であると思われるジャパンラリーです。昨日、ほぼ一夜漬けでの闇レッキをこなしてきましたが不安要素がいっぱいです。GTR癖が抜けきらないまま本戦スタートですw今回はUSAでの反省も踏まえてちょっと寂しいけど順位やタイム差などの全ての情報を断ち切る作戦にしました。どうしても名前がちらちらするとよそ見してしまうんですよねwただこれだと走行%が見えないので特にロングステージでエンジンがいかれたときにかなり不安になりますね。やばい、いま何%だろってwLEGSSStageLengthCondition11Sipirkakim8.7kmGood2Tanner3.9kmGood3PirkaMenoko6.7kmGood4Noiker13.8kmGood25NoikerII13.7kmGood6PirkaMenoko6.7kmBad7Tanner3.9kmBad8TannerII4.0kmGood9Sipirkakim8.7kmGoodTOTAL LENGTH 70.1kmSS1 SipirkakimこのSSは高速セクションが多く、レッキ無しでは道にとどまることも難しいです。後半は気持ちよく飛ばせるのですがイヤーな場所に石があって側転してしまうことが多いので慎重にいきました。なんと暫定3位。SS2 Tannerここは結構相性がよいコース。特に問題もなく走れました。最後の崖だけに注意しました。SS3 PirkaMenokoジャパンのなかでももっともテクニカルなコースです。今回はレッキで走るよりもうまく走れました。ほぼ自己ベストに近いタイムが出て暫定6位。上位2名が高いレベルで競り合っていますね。さすがはピケメンコマスター!wSS4 NoikerRBRのなかでも最長ステージです。前半で1度軽~くフロントをゴツンとやってしまったのですが中盤で突然のエンジン不調に陥りましたw その後の長いことといったら(^^; 暫定11位・・・つか最下位orzSS5 NoikerIINoikerの逆走というだけなのですが鬼のように難易度が上がります。事前にレッキで危険な場所を確認していたのでそこは全て徐行。中盤で「直角右カーブ」を聞き逃して直進してしまった以外特に問題なく完走できましたがtute2氏とは1分も差が開いていますwSS6 PirkaMenokoこのステージで雨が降ってきました。難しいピケメンコですがここはスピードがあまり乗らないからそんなに苦になりません。とはいってもドライより30秒ぐらい遅かったんですが・・・。 暫定7位。Moyaさんが気合入りすぎてリタイヤwSS7 Tannerここも雨。後半の崖がいつも車を引き寄せるのでここだけはめちゃくちゃ安全運転で(笑)暫定9位。 安全運転しすぎましたw ここは全員完走か~SS8 TannerII雨がやみました。いきなり最初の崖にリアタイヤを落としてしまいあせりましたがその後は無事に走りきることができました。暫定7位。SS9 Sipirkakim 最終SSはSS1の再走ステージです。永遠のライバルTOMBOさんとわずか8/100秒で負けましたw攻めたつもりなんだけどSS1よりも15秒もおそいとわw 結構疲れがキてたのかもしれません。暫定7位。そんなわけで一番楽しみにしていたジャパンラリーを無事全ステージ完走で終えることができました。ポイントゲットなるか? LEG1の結果はこちら。

  • gonzo_kool

    参加したかったのだけれども、昨日は酒を飲みたい気持ちが上を行っちゃって^^;
    来週オフラインレギュやろうと思うんで、付き合ってねw