6

大会終了後・・・

y-kakuさんがGTFPのドライバをアップデートしている間にTOMBO_JPNさん出現。
そしてGTFPのテストとトンボさんの鯖テストを兼ねてnKだ~w

かくさんはまだドライバのアップデートが終わってなくて、トンボさんと僕でまず鈴鹿の予選に繰り出すことに。
かくさんが来るまで遊んでよ~、とか思って先にコースに出て行ったトンボさんをガツンガツン突いてみるw
おまけで横からも突いてみる。
トンボさんに火がついたようだw
向こうも負けじと向かってくる。こちらも負けてたまるか~!と思ってやり返す。
しばらくどちらも譲らない攻防・・・

って、ゲームの趣旨を思いっきりはき違えてるような



そんなこんなでガツガツ当たり合いを繰り広げていると、予選終了w
アホなのか・・・アホなんだな、僕たちは。そうだ。きっとそうだ。

かくさんも駆けつけ、いきなり鈴鹿の本戦。
レースは、1週目の1コーナーで、かくさん&トンボさんがそろってコースアウトw
結果、僕が独(毒)走して、nK2勝目(わーい)。
しかし、やはりもっとこう、デッドヒートをしたいわけよ。ね。サイドバイサイドの攻防を。

というわけで、2戦目はスパ。麺類じゃない。
(ひゅ~~)

予選からコースを把握する。結構走り込んではいるのだが、いまだによくつかめない所もあるので慎重に。
結果、PPを獲得(^^)よっしゃ~!

本戦。何やら後ろの方から邪念がw
いや、そんなのに惑わされちゃいけないぜ。ヲレ。またもや独走してレースを制するのじゃ~!

0410nKP01.jpg

最初の2週は好調。かなり好調。自分でも驚くくらい快適なドライブ。ふっふ~ん♪
しかし、トンボさんがいつになく僕にきっかりとついて来る。

0410nKP02.jpg

そして3週目(だったかな)。ついにトンボさんの執念に惑わされてしまったヲレ。
スパのヘアピンでスピン。その間にトンボさんが前に。な、なにを~~~!
譲れない。ヲレのヨゴレプライドがそんなことは許すはずがない。
ストレートで追いつき、先程の鈴鹿に続き、ゴツンとケツを突くw

0410nKP04.jpg

しかしトンボさんらしくなくw全然動じない。
ムキ~~~!
その後も、怒涛の追い上げでトンボさんとサイドバイサイドの戦い。

0410nKP03.jpg0410nKP05.jpg0410nKP06.jpg0410nKP07.jpg

お~~。レースしてるぜぇ。なんて面白いんだ~!netKar!
トンボさんに先行されるなんて、ヲレの催促最速プライドが許さないぜ(あくまでヲレの中だけで)。
またもや因縁のヘアピンにてドラマは起こる。
抜きつ抜かれつのバトルを繰り広げていた僕らは、ヘアピンへ差し掛かる。少し攻めすぎたトンボさんはスピン!がははは~!な~にをしてるんだ~♪ってヲレもかよ~~ww

0410nKP08.jpg
さらに、さっきまでガツガツ当たっていた影響もあって、ハンドリングが悪化w

0410nKP09.jpg
追いつけ追い越せのなかなかの白熱レース。
その後もトンボさんのスピンの間に前に出るも、さっきと同じミスw
かくさんにも抜かれ、一時最下位に。く~~!
常に左に曲がるマシンをねじ伏せ走っていると、かくさんがスピンw

よし~!残るは・・・フフフ・・・といつも通り邪念を送り続けたものの、そのままトンボさん優勝!

らしくないよ。
どうしたの?
とギャラリーから疑問の声w

いやぁ、でも面白かった(^^)
またやりましょ~。
(おまけ)
0410nKP16.jpg
0410nKP17.jpg
0410nKP18.jpg
・・・nKってこんなゲームだっけ?w

つテ(tsute2)

つテ(tsute2)

主にRichard Burns Rally関連の記事を書いています。2012年以降はオンラインプラグインのRBR Tournamentsの記事が中心となります。

  • つてツテ

    お~^^ちょっとご無沙汰w
    もちろん逝きますよ~~!

  • y-kaku

    ご無沙汰です~
    今日の深夜にオフライン走行会(最終)をします。ぜひ来てね。

  • つてツテ

    そうなんです(笑)。
    予選は戦場ですw
    ・・・ある意味。

  • y-kaku

    結構時間たって入ったのに「えぇ!?いきなりレースかよ」との雰囲気に「何で??」と思っていたのですが僕が入る前にそんな熱い戦いが繰り広げられていたとはw
    いま謎は全て解けました(笑)

  • つてツテ

    ・・・
    全てにおいてノーコメントでいいですか?ww
    しかし!次は負けん!ぬふふ~♪

  • TOMBO_JPN

    ええ、黒塗りのフェラーリがガツンガツン当たってくる訳ですよ。子猫のように気の弱い僕は怖くて怖くて失禁しちゃいましたよ。
    それでも家には6歳を頭に二人の子供が腹を空かせて待っている訳ですよ。嫁の造花の内職でやっと生活している日々に今日こそ終止符を打ち付けてやるんだと怖いのをぐっと堪えました。子供にも勝って賞金でビフテキを食べさせてやる約束をしていたんです。
    だから絶対に負けられん!と死ぬ気で頑張りましたね。
    奇跡は起こりました。
    デストラクションダービー優勝です。(違