7

RBR ラリーX風インタビュー。(アホ追記あり)

以下はフィクションとノンフィクションをごった煮にしています。
モータースポーツバカ炸裂。


・・・・・・・・・

RBR Championship 2 第4戦で痛恨のリタイアを喫したCastrol Team Hyundaiのつてツテ。
ここのところ、彼にとっては厳しいラリーが続いている。
週末のリアルタイム対戦を終えた彼に直撃してみた。



-まず、前戦のリタイアの原因から教えてもらえるかな。

「いきなりキツい話題から入るね(笑)。まあ、最初のProspect Ridge2で転倒したのがいけなかった。あのステージでは何かがおかしかったんだ。車じゃなく、僕がね。今思えば、気負いすぎていたのかもしれない。だから苦手なステージで限界を超えてしまったんだ。その後も、きちんとリズムを掴めれば良かったのだけど、結果はご存知の通りだ。」


-一部では今回から復活したNicky Gristとのコンビがうまく機能しなかったと言われているが。

「それはない。Nickyはパーフェクトな仕事をしてくれたし、これからもしてくれるだろう。ミスは全て僕の責任だ。」

-2戦続けてのリタイアはタイトルを狙う上では厳しいのでは。

「簡単ではなくなったね(笑)。ただ、ラリーはいつも何が起こるかわからない。例えば、オーストラリアでは僕はHikageさんについていくことが出来なかった。でも最終ステージで彼はリタイアした。今回はリタイアする役が僕に回っただけさ(笑)。トライし続けるよ。」

-今シーズンを振り返ってくれるかな。

「さっきも言ったとおり、オーストラリアは初戦ということもあり、抑え目で走った。次のフィンランドも全開にしたステージもあるけど、全体の出来としては90%くらいだ。でもこの2戦で優勝できたのはラッキーだった。フランスは論外だね(笑)。注意力が足りなかった。あそこではポイントをいくつか取るつもりだったんだけどね。そして、USAでは悪い流れを引っ張ってしまったのがリタイアの原因かな。まあ、一度冷静になって、戦い方を組み立てなおす必要があることは確かだね。」


-あなたはターマックが苦手だよね?

「厳しい質問が続くね(笑)。確かに苦手だ。リタイアしたうちの半分がターマックだからね。というのも、いまいち掴めないんだ。僕のスタイルがかなりクラシカルで、グラベルに特化してるのもある。僕はコーナリング中はスロットルでコントロールして、殆どといっていい程全開にしている。たまに左足で姿勢を変えながら立ち上がっていくんだ。ハタから見ると”あいつ、なんてキレたドライビングをしてるんだ”って感じるのかもしれない。それが僕にとっては普通なんだけどね。

ターマックではそれは通用しない。ターマックはクルマを抑えることが大事になってくるからね。僕のスタイルだと大幅にタイムロスしてしまう。」


-Hikageさんはまさに車を抑えるスタイルであなたとは対照的だ。

「そうだね。彼のスタイルは新しいラリー・ドライビングだと言える。今ではデフ・セットアップが充実してるから、上手くいけばそっちの方がタイムが出る。でも、そこがおもしろいんじゃないか。全く違ったセットアップをした車が同じようなタイムを出す。これがラリーの醍醐味じゃないかな。」

-あなた自身はスタイルを変えるつもりはない、と。

「ないね。僕は僕自身のドライビングでベストをつくすだけだ。恐らく彼もそうだろう。」

-Hyundaiのクルマは気に入ってる?

「ああ。」

-あまりパワーもないし、チーム体制もそこまで裕福でないこのチームを選んだ理由を聞かせてくれるかな。
「チームが裕福かどうかはあまり関係ないからね。エンジンの性能もそこまで劣ってはいない。大事なのは、僕が希望したクルマが用意されているかどうかだ。少しパワー不足は否めないが、オフの間に続けたテストのおかげで、サスペンションとデフセッティングをファインチューンできたんだ。大幅なタイム更新が出来るようになったから、別に不満はない。本当にチームのスタッフは頑張ってくれたよ。

確かに、クセが強い車だし、コーナリング中にいきなりピーキーになったりするから完全に快適だとはいえないけど、クルマ自体のコンセプトは気に入ってるよ。」


-他のドライバーがサーキットレースに参戦する今の状況はどう感じてる?

「特に心配はしてないよ(笑)。サーキットにはサーキットの楽しみがあるし、僕自身もサーキットレースは好きだ。ただ、お金を出して参戦するつもりはない。気軽なシリーズならともかくね。さっきキミが言ったとおり、僕はターマックが苦手だからね(笑)。」

-あなたにとってラリーの魅力とは。

「全てだね。クルマは僕のスタイルに合わせられるし、路面だって様々な路面を走る。グラベル、スノー、ターマック。同じイベントでも刻一刻と路面の状況は変わるからね、それも最高だ。もっとラリーの人口が増えれば、これほど嬉しいことはないね。」

-選手権の中で好きなイベントは?

「グラベルはどれも好きだ。リタイアはしたけど、超高速のUSA、オーストラリア…北海道も違った魅力がある。しかしどのイベントよりすきなのはフィンランドだ。テクニカルで罠がいっぱいだけど、車を好きなだけ振り回せるからね。」


-となると、嫌いなイベントは…

「聞かなくても分かるよね(笑)。ただ、ターマックを忌み嫌っているわけじゃないんだ。フランスは道も細くてテクニカルコースだし、レイアウトは好きだ。ただ、固い路面がジャマしてるだけなんだ(笑)。」

-先ほども少し出たあなたのドライビングについて聞きたいんだけど。

「ああ、いいよ。」

-あなたのドライビングを例えると、クルマがダンスしているようだ。

「そうだね。走っている側からもそれは分かる。常に横を向いてるからね。それが気持ちいいんだ。ただ、このドライビングだと、セットアップを一歩間違えると、とんでもなくタイムロスしてしまう。だから僕のセットアップはかなりルーズだといえるね。センターデフもロック率の方が低いくらいだし。僕はステアリング修正があまり好きじゃないから、そういうスタイルになってしまうと思う。

でも、今、ラリーはどんどんサーキットの挙動のセットアップを許容できるようになってきたし、主流なドライビングはフロントを重視したドライビングだ。しかし僕はそれでは走っていて気持ちよくないんだ。僕のセットアップはいかに僕が走っていて気持ちよくなれるか、この一点だけが重要だね(笑)。だからターマックでは遅いんだけど(笑)。」


-他のチームの車をどう見てる?

「新型のスバルとプジョーは、ドライバビリティに優れた車で、パワーも申し分ないね。シトロエンはパワーはそこまでだけど、ハンドリングが素直みたいだ。どれもいい車だね。」

-他の車に乗ることは考えなかった?

「・・・(しばし沈黙)う~ん・・・選択の余地がなかったわけじゃないよね。ただ、僕はHyundaiと共にいくつもシーズンを乗り越えてきたし、一番セットアップしやすいクルマがHyundaiだと感じたから、今のシチュエーションは極めて自然だと思うよ。」


-来シーズンはどうするのかな。

「今から来シーズンの話をするのはナンセンスだ。今出来うることをやるのが重要だね。機会があればまた参戦したいとも思うし、そうなればハッピーだけど、今からそういう話をするのは得策じゃない。今、シーズンを盛り上げようと様々な人が頑張っているんだ。僕も微力ながらその人たちを少しでも支えることが出来れば、と思っている。」

-北海道でのプランを教えてくれるかな。

「2戦連続でリタイアしてしまったからね。まずはポイントを取りに行くよ。」

-あなたらしくない。

「常に全開で20ポイントを取りにいくと言ったほうがよかったかな(笑)。

ただ、北海道も難しいイベントだ。あそこはツイスティでリズムを掴むのが容易じゃない。ロングステージも控えてるしね。ウェットになれば一段と滑りやすくなる。どうなるか今から楽しみだね。」



USA直後はいらだった様子を見せていた彼だが、
このインタビューを行っている時は、終始上機嫌だった。
なんでも聞くところによると、予定にはなかったJAPANテストを急遽組み込み、
結果は良好だったそうだ。

「そうなんだ。チームから要請があった時は本当に嬉しかったのですぐに”Yes”と答えた。彼らなりに僕のことを気遣ってくれたんだね。感謝してるよ。
 テストの主な目的は今度新しく入れたコンポーネントの確認と、トータルセットアップの見直し。新コンポーネントは少々慣れるのに時間がかかったが、慣れるとそちらの方がタイムが安定していた。セットアップ自体はほとんど変更なしでいく事が出来そうだ。細かいデフの調整はするだろうけど、基本は良いので問題はない。まだウェットではテストを行えていないが、天気予報によると明後日あたりが雨らしいので、レッキの時にでもセットアップを探るよ。」

つてツテの今後の巻き返しに期待したい。





・・・・・・・・・・








だいぶイタイ人ですな(笑)。

つテ(tsute2)

つテ(tsute2)

当サイト管理者。主にRichard Burns Rally関連の記事を書いています。オンラインプラグインのRBR Tournamentsの記事が中心です。

  • つてツテ

    類は友を呼ぶ…(ぼそっ
    イヤイヤ、何でもありませんw
    おけ。リンクもばっちり直しときました~。

  • 移転したんで、その報告に。
    http://blogson.seesaa.net/
    どうやらつてさんところと同じblogなようだぞw

  • つてツテ

    はっ!そのファニーな車に食われたんだった!
    今頃思い出したorz…

  • つてツテ

    TOYOTAも良い車だね。ハンドリングはクィックだし、思った方向にすぐに向いてくれる。
    MG?ファニーなクルマだね(笑)。
    (インタビューの続き風でw)

  • Moya

    MGとTOYOTAについてはノーコメントですか?

  • つてツテ

    出ました。ネタですw
    もうこんなネタならいくらでもありますw
    ポイントも今「あ、そやった!!」と気付きましたが、
    あえて放置ですw

  • y-kaku

    笑わせていただきましたww
    ひとつツッコミ入れると
    1ラウンドで20ポイントはどうひっくり返っても取れませんw
    でもつて3ならやってくれるのかも(笑)